顧問料っていくら?

いろいろですが、売上げに対して、月額料金が決まるものが多いようです。
決算時には決算報酬を払う場合がほとんどです。
また、訪問回数によって金額が変わってきます。

顧問料と税理士の節税

もし節税が思い通りに進める事ができれば、顧問料が少しくらい高くても最終的に出て行くお金はそれほど違いがないかもしれませんね。

少し程度であれば顧問料がたとえ高くても節税を得意としている税理士に依頼したいと考える経営者もいる様ですね。

無駄に支払っている税金をなくして、可能な限り節税したい企業は多く、税理士に対しても強くこの事を望んでいる経営者は少なくないでしょう。

しかし、すべての税理士が対応できるという分けではない様ですね。ある程度、仕事の中でキャリアを積んでいる人で詳しい人でないと、少し難しいのかもしれませんね。それができる人には依頼が多く来る事もあるでしょう。